大谷学園について

近代横浜のリーダー大谷嘉兵衛翁の志を現代に継承

近代の幕開けとともに鎖国を解いたわが国の中でも、いち早く開港した横浜からは、世界に向けて、生糸や製茶の輸出が盛んに行われるようになりました。その中で製茶の貿易に腕を振ったのが故大谷嘉兵衛翁でした。嘉兵衛翁は製茶の輸出だけでなく、茶の品質向上や製茶組合の設立など、広く製茶貿易に手腕を振い、生糸商の原三渓らとともに、当時の横浜財界のリーダーとなりました。さらに1889年(明治22年)横浜市会議員に当選。翌1890年(明治23年)には市会議長を務めるとともに、1897年(明治30年)には現在の横浜商工会議所の会頭となり、後に貴族院議員としても活躍しました。一方で、教育に対する思いも強く、横浜市教育会会長、神奈川県教育会会長を歴任するなど、教育界でも大きな力を発揮しました。
その精神を継承した初代理事長の故大谷高子が第二次世界大戦後の混乱期、“女性の生活向上こそが新生日本創造の基本である”という信念のもとに、1947年(昭和22年)横浜ドレスメーカー女学院を設立したのが大谷学園のはじまりです。その大谷学園を1949年(昭和24年)財団法人とし、さらに1951年(昭和26年)学校法人化しました。以降、大谷学園幼稚園、横浜女子専門学校(現横浜高等教育専門学校)、清心女子高等学校と多くの教育機関を設置、女子教育を中心として人格の陶冶と情操の涵養ならびに職能開発教育に貢献してきました。
教育への情熱と学園経営はその後、元理事長・校長の故大谷卓郎に受け継がれ “教育は、知・徳・体の充実を培い、青春の何たるかを知り得る若者の育成にあり、ひいては将来の日本を背負って立つ人材の育成を目指し、必要で信頼される人となるための教育に徹したい” との教育目標のもとに、横浜隼人高等学校、横浜隼人中学校、横浜隼人幼稚園、そして秀英高等学校を設立しました。その領域も女子教育、職能開発教育から後期中等教育、幼児教育へと広がり、幼稚園から専門学校まで7つの教育機関を有する学園として、教育の発展と人材の育成に努めています。
本校の校章の背後に配された五つの菱は大谷学園の『大』の字から形づくられ、翁から継承された教育に対する期待が込められています。